ドラム式洗濯乾燥機が壊れたから清潔でシンプルな縦型洗濯機に買い替えてみたよ。

こんにちは、地方パパ@てときち です。

我が家では、洗濯にドラム式洗濯乾燥機を使っていました。
日立のビッグドラムという洗濯機で、かれこれもう10年になります。

以前の記事でドラム式洗濯乾燥機の気になる部分を書いたりしていますが、我が家で10年間働き続けてくれたドラム洗濯機にはそれなりに感謝しています(ありがとう)

ただ残念なことに、これまで使ってきたドラム式洗濯乾燥機ですが、排水出来ないエラーが頻発するようになってしまいまして、、、分解清掃を行っても改善しないことから買い替えすることにしました。

買い換える洗濯機の選定条件

買い替えを決めてから妻とも相談し、買い換える洗濯機の選定条件は以下となりました。

  • ドラム式ではなく縦型にする。
  • 乾燥機能は不要。
  • できるだけ清潔に保てるもの。
  • 普段のお手入れ(メンテナンス)ができるだけ簡単なもの。
  • 機能がシンプル(たぶん壊れにくい)もの。
  • 安いほうが嬉しい。

ほぼ今まで使ってたドラム式洗濯乾燥機の嫌なところを改善したいという内容の選定条件になりました。

ドラム式の場合、基本的な作りが(縦型に比べて)複雑な上に、乾燥機能もついているため、メンテナンス(糸くずやホコリ取り)が大変でした。

いつも洗濯機の内部にゴミが溜まっているような気がして、衛生的にもあまりいい気分がしていなかったので、買い替えは縦型の洗濯機で、乾燥機能の無いシンプルなものから選びました。
(値段も安いですしね)

買ったのは、シャープの全自動縦型洗濯機 穴なし槽

少し悩みましたが、シャープの穴なし槽洗濯機に決めました。

はじめは値段の安いジェネリック家電の洗濯機でも良いかなと思っていましたが、妻としては清潔なもののほうが良いということで、穴なし槽にしました。

ジェネリック家電に比べれば高いですが、それでも6万円台だったと思いますので、何十万もするハイエンド機と比べればだいぶ安かったです。

ネットで買ったほうが安かったのですが、実物を見たいという妻の要望で家電量販店に足を運び、そのまま店頭で購入してしまいました。

容量が10kgから7kgにサイズダウンしたこともあってか、今まで使っていたドラム式洗濯乾燥機と比べると、とっても小さくてコンパクトです。
最初見たときはおもちゃかと思うほど…

洗濯機選びで良かったところ

洗濯機を買い替えてみて、良かったところは以下でした。

なんと言っても 穴なし槽 の清潔感

一番は、穴なし槽の清潔感ですね(気分的にですが)

基本的には洗濯槽の外側には水が行くことはないので、外側にカビは生えにくいですし、外側が汚れたとしてもその汚れが洗濯槽の内側に来ることはない?のかなと思っています(勝手な思い込みかも)

脱水が弱いといった意見もありましたが、我が家で普通に使うぶんには全く問題ありません。
干すときに水が垂れるとかそういうことは一切ないので、ほかの洗濯機と比べて脱水が弱いかどうかすらわかってません…

ホコリ取りも楽ちん

ホコリは洗濯槽の横についているネットに溜まるので、定期的にネットに溜まったゴミを捨てるだけで楽ちんです。

以前のドラムのように、嫌な思いをして排水のフィルター部品を掃除することも必要なくなりましたし、乾燥運転もしない(そもそも機能もない)ので、乾燥フィルターの掃除もいりません。

分解清掃も簡単らしい

他に比べれば清潔な穴なし槽ですが、7年とか10年とかたつとどうしても洗濯槽の裏側も汚れてしまうそうです。

槽洗浄コースで洗濯槽の裏側にも水をまわらせて浸け置き洗いすることも可能ですが、完璧に掃除するには洗濯槽を外して直接洗うのが一番みたいです。

シャープの乾燥機能のない穴なし槽は、比較的簡単に洗濯槽を外して取り出すことが出来るとのことで、それも決め手になりました。

洗濯機選びで失敗したところ

続いて失敗したかなと思うところも書いてみます。

穴なし槽の洗濯機は、槽洗浄が少し面倒

買ってから気づいたのですが、購入したシャープの洗濯機には、洗濯機自体の洗浄コースは以下の3種類があるようです。

  1. パルセータについた糸くずなどを洗うモード
    パルセーターって洗濯槽の底についている水をぐるぐる回す羽みたいなやつらしいです。
  2. 洗濯槽の内側に水を溜めて浸け置き洗いするモード
  3. 洗濯槽の外側も含めて水を溜めて浸け置き洗いするモード

この中で、3つ目の洗濯モードが少し面倒で、洗濯槽の外側に水を貯めるためには、排水ホースの排水溝側を外して、水が流れないようにホースを上に持ち上げておく必要があるのだそうです…

前の洗濯機のときはそんな面倒な手順はなかったので、少し残念です。
(ただ、洗濯槽の外側まで掃除することは早々ないとは思いますが)

洗濯容量が少し足りなかったかも(もう少し容量が欲しかった)

これは洗濯機が悪いのではなく、自分が悪いのですが洗濯容量を小さくしすぎたようで、以前より洗濯する頻度が上がってしまいました。

以前のドラム洗濯機は洗濯容量10kgで、乾燥容量が確か8kgくらいだったと思います。
乾燥容量が8kgでいままで特に問題なく乾燥できていてので、買い換える洗濯機の容量も8kgくらいで問題ないのかなと思っていて、7kgを選んだのですが…

10kgを選んでおいたほうが良かったかなとちょっと後悔しています。
(まあ洗濯物を溜めずにこまめに洗えばいいだけですが)

後々は乾燥機もあると便利かな

こちらは失敗というわけではなく、計画的にそうしたのですが、やっぱり後々は乾燥機もほしいなと思っています。

値段は張りますが、以前から引き続きガス乾燥機を狙っています。
買えるのはいつになることやら。

写真ギャラリー

最後に、見たい方はいないと思いますが、、、せっかく写真を撮ったのでギャラリーとして載せておきます。
ではまた次の機会に(洗濯機選びは慎重に!)