【車の売却】下取りより50万円高く売るためにやったことすべて【一括見積りサイト厳選1選!!】

2021年4月23日

お久しぶりです。地方パパ@てときち です。

先日、愛車を売却しました。
家庭の支出を見直す中で、やはり大きなウエイトを占めるのは車だよね…という話になりまして。

気に入っていた車でしたし不満はなかったのですが、今後のことも考えて小さな車に乗り換えることにしました。

どうせ売るなら少しでも高く買い取ってほしかったので、自分なりに色々調べて、最終的には下取りの提示価格より50万円高く買い取ってもらうことができました。

そこまで大したことはしてないのですが、せっかくなので記事にまとめようと思います。

目次

今回売却した車は、トヨタ アルファード

今回売却した車は以下になります。

  • メーカー:トヨタ
  • 車名:アルファード
  • 年式:2016年
  • グレード:2.5X 2WD(一番下のグレード)
  • 走行距離:3万キロ
  • オプション多数
    ツインムーンルーフ、フリップダウンモニター等

売却金額の相場を調べてみた

最初に売却しようとしている車の相場を調べることから始めました。
相場がわからないと、見積もり提示された金額が安いのか高いのか判断できませんからね。

概算の相場がわかるサイトがいくつかありましたので試してみました。
この相場を見ていくら位なら売ってもいいか考えるといいと思います。

トヨタ下取り参考価格シミュレーション

今回売却予定の車がトヨタ車ということもあり、まずはトヨタディーラーの「下取り参考価格シミュレーション」で価格を見てみました。

オプション等の細かい条件は入力できませんが、メーカー、車名、年式とグレードを選ぶだけで参考価格が表示されます。
※個人情報を入れる必要がないので安心です。

我が家のアルファードの場合、222万円の参考価格が表示されました。

日産のかんたん車査定

トヨタに続いて、同じくディーラーの日産のサイト「日産のかんたん車査定」でもチェックしてみました。

トヨタのサイトとは違い、車体や車検証を撮影したあと、車の情報を入力して査定してもらうかたちになります。

後述のスマホアプリでの査定と同じ感じです。
なのでパソコンのブラウザからアクセスするよりスマートホンからページにアクセスしたほうが楽です。
(ブラウザからカメラアプリが立ち上がり撮影出来るので)

※車のナンバーと車検証も撮影するので、個人情報はアップロードされます。
 ここは気になる人は気になるかもです。

結果は225万円~282万円とかなり幅のある価格が提示されました。
幅がありすぎて参考になるかと言われると微妙ですね…

グーネット買取 ネット車査定シミュレーター

お次は中古車の検索サイトで有名なグーネットの「ネット車査定シミュレーター」です。

車の情報を入力すると買取相場を確認できます。
比較的手軽ですが、郵便番号とメールアドレスは入力が必要です。

※サイトを利用すると、入力したメールアドレス宛にたまにメールが届くようになりました。
 「最新の買取相場はいくらです」や「近くの強化買取店からの連絡」などです。

結果は246万円~256万円でした。
やはりディーラーの査定よりは最低価格は高いですね。

ガリバー中古車買取相場

中古車買取店大手のガリバーでも「中古車買取相場」で相場を調べることができます。
ガリバーの「中古車買取相場」は実際の査定申し込みと混在したページになっているので注意が必要です。

選ぶのは「ざっくりな買取相場を知る」のところから、ブランド(メーカー)と車種だけです。
※名前や電話番号の入力欄は、実際の査定申し込みの部分ですので入れる必要はありません。

ブランド(メーカー)と車種を選択すると、画面の下の方で過去6ヶ月間の買取相場情報を見ることができます。
おそらくガリバーで実際に買取した情報を表示しているのかなと思います。

一覧の絞り込みができないので、自分の車に違い状態のものを探すのが難しいです。
我が家のアルファードの走行距離が3万キロすこしなので、3万キロ~4万キロで見ると、ガリバーでの買取相場は210万円~222万円くらいでしょうか。

オークサポート 中古車相場検索

最後はオークサポートというサイトの「中古車相場検索」を試してみました。
オークションの代行を行っているサイトのようです。

個人情報の入力は不要で、車の情報を入力するだけで条件に一致する相場情報を見ることができます。

一番近いもので248万円~252万円でした。

買取相場をまとめると…

調べてみた結果をまとめると以下の表になりました。
単純に金額だけ見ると210万円~282万円となりました。

サイト 買取相場
トヨタ下取り参考価格シミュレーション 222万円
日産のかんたん車査定 225~282万円
グーネット ネット車査定シミュレーター 246~256万円
ガリバー中古車買取相場 210~222万円
オークサポート 中古車相場検索 248~252万円

この結果を見て、実際いくらで売れたら妥当なのかですが、日産の最高値282万円はあまりにも高すぎる印象なのでこれはないかなと思います。

ネットで調べる限りは、グーネットとオークサポートの相場が実際に違い可能性が高そうという情報がありましたので240~250万円台を目処に、かつ上記の相場検索ではオプション装備については入力していないので、今回の我が家のようにオプション装備が多くついている車であれば更に金額が高くなる可能性はあるかなと思いました。

そんなわけで、期待も込めて250万円~260万円を目標に売却先を探すことにしました。

出来るだけ高く売る方法を調べてみた

さて、上記で売却の目標金額は決まりましたが、次にそもそも車を高く売るにはどんな方法があるのか調べてみました。
一括査定サイトに申し込んで、一番高い金額を提示してくれたところに売るのが王道のようですが、以下のような情報もありました。

大手買取店で相見積もりをとって、一番高いところに売る

1つ目は、ビッグモーターガリバーネクステージなどの大手の買取店で、相見積もりを取るのが一番良いという意見です。

理由としては、大手買取店の場合、買取だけでなく独自で全国的な販売網を持っているため、買取した車を業者オークションで売る必要はなく、自社で売りに出すことが出来るからだそうです。
中間マージンを省くことが出来るので、その分高く買い取ってもらえる可能性があるのだそうです)

一括査定サイトを使用しても、自分で近所の買取店を回ってもいいですが、必ず相見積もりをとって競合相手がいることを意識させることが大切とのこと。

心配な点としては、人気のある車の場合には誠意ある対応をしてくれるが、価値のない車の場合はほぼ門前払いといった話しがあったり、高い買取価格を提示しておいて、契約後などに再査定(減額)されたといった声が少なからずあった点です…

それから一括査定サイトを使うのであれば、オートバックスにも一括査定してもらうと、大手買取店よりも高い金額を提示してもらえたという情報もありました。

地元の小さな中古車販売店に売る

2つ目は、1つ目とは真逆で、従業員のできるだけ少ない小さな中古車販売店に売ったほうが高く売れたというものです。

この場合は、自社の販売網は広くないので、基本的には買い取った車を業者オークションに出品し、転売することで差額を利益とすることが考えられます。

小さな販売店であれば、人件費や店舗の賃料などの経費がもともと少ないので、そのぶん車一台あたりの売却益が少なくても大丈夫ということで、他より高く買い取ってもらえる可能性が高いとのことです。

ただ車の売却となると、それなりに大きな金額が動くことになるので、あまりにも小さな販売店だと信頼して任せられるのかといった心配もありますね…

中古車オークションに出品して売る

3つ目は、中古車オークションに出品するというものです。
ユーカーパック楽天CarオークションSellca(セルカ)などが有名ですね。

外車やスポーツカー、希少車など、一部に熱狂的な人気のあるような車種が専門業者に高く買い取ってもらえるといった情報がありました。

一般的な買取店の場合、査定ルールも一般的なものになると思うので、例えば「マニア向けの車種でこのオプションが付いていたらすごく価値がある」とかまでは把握できない可能性が高いですが、オークションに参加している専門業者なら正しく価値を判断し、高値をつけてくれる場合があるようです。

それから古くて売れないと思っていた車でも、それなりの値段で買い取ってもらえたというのもありましたね。

高く売る方法をまとめると…

結局のところ、絶対的な正解は存在せずケース・バイ・ケースなのかなと思います。
正直、この時点ではどの売却方法ですすめるのが良いのかだいぶ迷っていました…

ただ言えることは、相見積もりは必ず取るべきだということです(いまいち上手くまとめられず…)

下取りの見積もりをとってみた

頭で考えているだけでは仕方がないので、とりあえず参考程度の気持ちで、下取りの見積もりをとってみることにしました。
先に結果を載せてしまいますが、210万円~215万円と予想通り残念な結果でした…

下取店 査定額
地元の軽自動車(新古車)販売チェーン 210万円
ホンダディーラー 215万円

地元の軽自動車(新古車)販売チェーン

まず最初に足を運んだのは、地元の未使用車専門店です。
乗り換え予定の車を見に行ったついでに、査定をお願いしてみました。

結果は210万円…ネットで調べた買取相場の最低額でした。

お店のかた曰く、新古車販売に特化しているため、中古車には強くないとのこと。
買い取った車は基本、他店に転売することになるのでこれ以上は難しいとのことでした。

ホンダディーラー

次に査定してもらったのは、ホンダのディーラーです。
買い替えを検討していたのがホンダ車だったので、こちらも車を見に行ったついでに査定をお願いしました。

こちらも結果は215万円と悲しいものでした。

失敗したのが、他店で査定してもらった結果210万円だったというのをポロッと言ってしまったことです。
買い取る側としてはできるだけ安く買い取って利益を出したいというのが本音だと思いますので、基準となる価格を言ってしまうと、その金額に少し上乗せした査定しかしてくれないことが多いそうです。

私の場合も210万円という金額を伝えてしまったので、+5万円の査定になってしまったのかなと思います。

スマホアプリで査定してみた

下取りだと高く買い取ってもらえない事がわかったので、次はスマートフォンで手軽に査定できるアプリを使って査定を行ってみました。

使ったアプリは有名どころのDMMオートガリバーオートです。

どちらのアプリも基本的には使い方は同じです。
車と車検証をカメラで撮影して、必要事項に答えるだけです。
※個人情報がアップされてしまうことは認識しておきましょう…

DMMオート

DMMオートを使ってみた感想は、機能がシンプルな感じがしました。
査定したあとにしつこく通知が来ることもありません。

ガリバーオートと比べると気軽に査定できるかなといった印象です。

査定額は224万円でした。
下取りよりは査定額は上がりましたが、実際に車を見ているわけではないのでリスク込みで、甘めの査定になっているのかなと思いました。

ガリバーオート

ガリバーオートですが、我が家のアルファードがなぜか希少車と判断されたようで、システムでの査定はできず、人手の査定となったようです。
とはいえ少し待ち時間が長かっただけでした。

最初の査定結果は230万円ほどでした。

その後、アプリ内のチャット機能で、通知が来て何度かやり取りする必要がありました。
その点ではDMMオートよりは面倒な感じです。

ただチャット機能で交渉することやアピール査定、再査定が行なえるのは高く売りたい人にとってはメリットかなと思います。

私の場合も、チャットで車のオプション等を細かく伝えて、再査定を依頼しました。
(競合がいることも意識してもらえるように、他の買取業者でも査定をお願いするつもりだということも伝えて)

その結果、最終的には240万円まで査定額を上げてもらうことができました。
まだ目標額までは届かないことを伝えましたが、流石にこれ以上は難しいようでした。

一括査定サイトを調べてみた

アプリ査定で240万円まで査定額を上げることはできましたが、更に上を目指すため、満を持して一括査定サイトを調べました。

有名どころでいうと以下のサイトがあると思います。

上記の一括査定サイトは使ったことがないので間違いがあったら申し訳ないのですが、一括査定の流れは一般的には以下の流れになると思っています。

  1. 一括査定サイトで必要事項の入力と希望の買取店を複数社選択して申し込みを行う
  2. 希望した複数の買取店から電話がかかってきて、査定日時、査定場所(基本は自宅)を決める
  3. 査定日時になったら、査定場所(自宅)に買取店の査定士が来て、車を査定してもらう
  4. すべての買取店から査定額を聞いたあと、最高額を提示してくれた買取店と契約、売却する

一般的な一括査定サイトのデメリット

この一括査定の流れですが、個人的に心配な点がいくつかあり、実際に利用することはありませんでした。
個人的な意見ですが、心配な点(デメリット)は以下でした。

個人情報の拡散が心配

一般的な一括査定サイトでは、申し込みを行った時点で電話番号等の個人情報が、選択したすべての買取店に渡ることになります。
もし10社選択していたら、その10社すべてに個人情報が拡散することになるので、その点が少し心配でした。

申し込んだ買取店からの電話が鳴り止まなくなるのが心配

一括査定サイトを調べていてよく出てくるのがこれだと思います。

買取店からの電話が鳴り止まなくなるというものですが、大手買取店の場合、申込みをシステムで受けると自動応答で電話を掛けるようになっているそうです。

なんでも一括査定を利用したとしても、一番最初にアポ(電話)を取った業者に売却するケースが多いのだそうで、少しでも早く連絡するための手段なんだそうですが、やはりしつこいのは嫌ですよね…

自宅に査定に来てもらうことに抵抗がある

我が家の前は道路が狭くて、車がすれ違うことはできません。

そんなところに複数の買取業者が来て路駐してもらっては近所迷惑になってしまいますし、家の前で査定してもらっている姿を近所の方に見られるのも少し抵抗がありました。

自宅以外といってもお店の駐車場では迷惑でしょうし、他に査定してもらう場所は思いつきませんでした。

一社ずつ対面で査定してもらうのも大変そう

交渉術もしらない私のような素人が、複数の買取店の査定士と一社ずつ対応するのは相当大変そうだなと思いました。

下取りの査定をお願いしたときも思いましたが、相手はプロなので希望額に達しないとしても、巧みな話術で契約に持ち込もうとしてきます。
とても全ての会社でうまく対応する自身はありませんでした。

どこかで心が折れて妥協してしまいそうな気がしました…威圧的な査定士さんとかが来たら嫌ですし…

無理して高額査定してもらっても、後日の再査定(減額)が心配

こちらも1,2を争う心配な点です。

一括査定の場合、買取店はなんとか自分の店を選んでもらおうと、だいぶ無理して高額な査定を行う場合があるようです。
また、査定士の資格がない店員が査定するパターンもあるようですし、査定時の見逃し等が後から見つかって、結果的に再査定(減額)を提示されることがあるようです。

こうなってしまうと争うのも大変そうですし、せっかく一括見積りしたのに意味がなくなってしまいます。

厳選した一括査定サイトを試してみた

上に書いたとおり、一般的な一括査定サイトでは個人的にデメリットが多すぎて利用するのは諦めました。

そこで、中古車オークション(ユーカーパック)を第一候補に検討していたのですが、不意に「持込あんしん査定【オートバックス×カービュー】」というサイトを見つけました。

AUTOBACS×carview 持込あんしん査定 のメリット

この「持込あんしん査定」ですが、サイトを見れば見るほど私にピッタリだなと思いまして、メリットを以下に書いてみます。

個人情報は必要以上に拡散しない

申し込み時点では、個人情報はAUTOBACS×carviewのみに保持され、提携買取店に開示されることはありません。
最終的に売却先を決めたら、その売却先のみに情報が開示される仕組みになっているので、一般的な一括査定サイトに比べて安全性が高いと思います。

営業電話はかかってこない

申し込み時に電話番号を入力する必要がありますが、通常であれば取引成立まで電話がかかってくることはありません。
(最終的に売却先を決めて、取り引きが成立すると入力した電話番号宛に買取店から連絡が入ります)

実際にサービスを利用してみましたが、売却先の決定まで電話がかかってくることは一度もありませんでした。

査定はオートバックスの店舗で行う

査定は、申し込み時に決めた日時に指定のオートバックス店舗に持ち込めばOKなので、自宅で対応する必要はありません。

人によると思いますが、近所迷惑を考えなくていいので、個人的には嬉しいポイントでした。

提携買取店で一括見積もり(相見積もり)してもらえる

ビッグモーターやネクステージなど大手の買取店は提携していないようですが、2020年2月時点で300社の買取店が提携しているとのことです。

オートバックスで査定した情報はシステム上で連携され、興味を持った提携買取店が買取金額を提示できる仕組みになっています。

提携買取店は競合がいることを意識して、査定してくれるので高い買取金額を提示してくれる可能性があります。

査定額の確認、売却先の決定までWeb(マイページ)で行える

オートバックスと提携買取店が査定した結果は、Web(マイページ)で確認が行なえます。

シンプルなページで、買取店と査定額が一覧表示されますので、とてもわかり易いです。
(売却先の決定も1社選んでボタンを押すだけ)

買取店から営業連絡が来ることもありません。

原則、再査定(減額)は無し

これが私が一番メリットだと感じる部分ですが、サイト上で減額は無しと謳っていることです。

サイト上のQAに記載がある通り、減額は買取店への利用規約で禁止していて、こちら側が虚偽の報告をしたりしなければ、ほぼ再査定(減額)のリスクはないのではないかと思われます。
※確実に減額がない無いとは言い切れませんが…

売却先を決める段階でも、以下の注意書きがありました。

AUTOBACS×carview 持込あんしん査定 への申し込み

持込あんしん査定が私にピッタリあっていることがわかったので、早速利用してみることにしました。

持込あんしん査定【オートバックス×カービュー】」の申し込みは、ブラウザでページにアクセスし「無料 査定申込みスタート」ボタンから行うことができます。

持込あんしん査定の申込み

申し込みは簡単で、以下の手順になります。

  1. 車両情報と個人情報を入力する
    車両情報(車種、年式、グレード、走行距離)および個人情報(名前、郵便番号、電話番号、メールアドレス)を入力すればOKです。
    その他に、アピールコメントという入力欄があるので、オプション装備などアピールしたいことがあれば記載するといいと思います(私は大量に書き込みました^_^)
  2. 査定店舗(オートバックス)を選択する
  3. 査定日を選択する
  4. 査定時間を選択する
  5. 入力内容を確認する
  6. 問題なければ申し込み(仮登録)完了
    ※この時点ではまだ仮登録状態です、あとの手順で本登録を行います。

持込あんしん査定の本登録

仮登録が完了すると、入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

メール中に本登録用のURLがありますので、クリックして表示されるページでパスワードを設定すると本登録が完了となります。
あとは、査定日時になったら指定したオートバックスに行って査定してもらうだけです。

本登録後にはまたメールが送られてきますので、そのメールに記載してあるマイページのURLから、マイページにアクセスすることが出来るようになります。

査定当日(オートバックスに持ち込み査定)

査定当日の様子です。

オートバックスの「おクルマ販売・買取 ご相談カウンター」で受付を済ませたら、あとは待つだけです。
査定時間は40分~1時間くらいだったと思います。

査定が終わるとすぐに、オートバックスで買い取る場合の査定額(見積書)をもらうことができます。
※オートバックスの査定額は5日間保証されます。

今回のアルファードの場合には、242万円の査定額でした。
スマホアプリ査定と変わらない金額でしたので、正直残念でしたが、あとは他の提携店の結果を待つことになります。

カー用品販売大手のオートバックスで査定してもらえるので、極端に威圧的な態度で対応されることもありませんでしたし、ほとんど営業トーク的なものもなく、安心して任せられました。

AUTOBACS×carview 持込あんしん査定の入札結果を確認

オートバックスでの査定が終わると、だいたい1日~3日後くらいの間に、他の提携店からの入札があります。

少し不便なのが、入札された旨の連絡も来ませんし、すべての入札が終わったのかどうかも連絡は来ないので、提携店の入札が終わったのかどうかがイマイチわかりません。

上記はオートバックスの店員さんにも、事前に聞いてみましたが、だいたい2,3日で入札は終わると思いますくらいの曖昧な回答でした。

なので2,3日の間は、たまにマイページにログインして新しく入札が入っているかを確認する必要があります。
で、新規入札がしばらく無い状態が続いたら、そろそろ終わったんだなと自分で判断するしかないです。

さて今回のアルファードの気になる入札価格ですが、なんと最高額は263万円でした!!!
見事、目標額を達成することができました!

入札会社 入札金額
提携店① \2,630,000
提携店② \2,502,000
オートバックス \2,416,550
提携店③ \1,770,000

 

AUTOBACS×carview 持込あんしん査定で実際に売却してみた

もし「持込あんしん査定」で目標の売却額に達しなかった場合には、「ユーカーパック」も次の候補として考えていましたが、目標額を達成できましたのでそのまま「持込あんしん査定」で売却することにしました。

手順は簡単で、入札の一覧から売却する会社を決めたら「この買取店を選択」をチェックして、「売却先の確認へ」ボタン → 「売却決定」ボタンをクリックするのみです。

売却先の決定後、売却先の買取店に情報が開示された旨のメールが届きます。
あとは、買取店からの連絡を待つのみです。

4.取り引き成立後の確認メール

実際の買取業者との契約

マイページ上での取り引きが成立すると、その後は実際に売却先として指定した買取店と直接やり取りすることになります。

私の場合、買取店から電話連絡が来て、売却時に必要な必要書類の説明と引き渡し日時を決めました。

最高額を提示してくれたのは、都市部(県外)の買取店だったのですが、すぐに車を引き取りたかったようで、最初に電話連絡をもらったその日に引き渡しを行うことになりました。
書類は準備済みでしたので問題はなかったのですが、、、少しびっくりでした。

買取店の担当者は2人で自宅に引き取りに来てくれて、その場で売買契約書にサインしました。

「持込あんしん査定」の利用規約では再査定(減額)は禁止しているとのことですが、買取店の売買契約書には再査定(減額)についての記載がありました…ここは少し心配ですね。
※今のところは、お金もきちんと振り込まれましたし、再査定(減額)の連絡も来ていません。

契約後、軽く現車確認を行って、2人で引き取った車に乗って帰っていきました。

売却後の車のゆくえは…

車を引き渡した次の日には、すでに買取店の販売ページに車が掲載されていました。

買取価格263万円に対して、本体価格280万円(支払総額300万円)で売りに出されたようです。

単純計算でお店側の利益は 300 – 263 = 37万円 くらいでしょうか。

従業員2人で引き取りに来た交通費と人件費等を差し引くと更に利益は少なくなるような気もしますが、、、WinWinな感じで良かったかなと思います。

ちなみに一週間もしないうちに、販売ページから消えていきました。

もしかしたらビックモーターなどの大手買取店で売ったほうがもっと高く売れた可能性もありますが、個人的には大満足の取引が出来ました。

最後に

今回、クルマを売却してみて下取りと買い取りでここまで金額に差が出ることに驚きました。
(下取り提示価格と50万円もの差が出ましたので)

今まで何台か車を乗り換えてきましたが、全て相見積もりを取ることなく、下取りで売却してきましたので、どれだけもったいないことをしていたのかと思うと悲しくなります…

少し大変かもしれませんが、車を乗り換える(売却する)際には、相見積もりを取ることをオススメします。
個人的には「持込あんしん査定【オートバックス×カービュー】」があっていました。